LAUNCH PAD GALLERY
営業時間: 金-月 13:00-19:00 / HOURS: FRI-MON 13:00~19:00

ELAN KAMESAR - SOLO EXHIBITION

Pop Up SF! アートと料理。横浜でサンフランシスコを感じよう。

LAUNCH PAD GALLERYにて、2014年11月28日から12月3日まで、「Pop Up S.F. - Art & food from San Francisco」を開催いたします。米国サンフランシスコで活躍する版画家、Elan Kamesar(イラン・カメサー)のリノリウム版画12点を展示します。視覚に訴える不思議なポーズの人物たちが伝えるストーリーを感じてください。

11月29日(土)にオープニングパーティーとして、シェフ、エスカンダー・アセジェドによる料理が楽しめるポップアップレストラン、「Radio Africa & Kitchen」もやってきます。参加費¥1,500。多様性の街サンフランシスコのスタイルをお楽しみください。

イラン・カメサーはサンフランシスコ出身、現在も活動拠点を置く。彼は作品の中で、心理状態を表す独特のポーズをとる人物を作り出し、孤独と親密さというテーマを最もシンプルな形で語っている。リノリウムカットおよびリトグラフという版画技法を用い、版表現のもつ、意識的な努力を遥かに超えた何かに不思議さを感じ、魅了され続けている。UC Santa Cruz卒、California Society of Printmakers会員。米国議会図書館を含む、世界の各地で作品が収蔵されている。

Radio Africa & Kitchenはエチオピア出身、現在はサンフランシスコで活躍するシェフ、エスカンダー・アセジェドによるレストラン。「ポップアップ」レストランとは固定の場所を持たずに開く店のこと。

Elan Kamesar was born in San Francisco, where he continues to live and make prints.  In his art he invents human figures and explores the expressive psychology that can be found in their self-contained poses.  His compositions evoke themes of solitude and intimacy, and whether they are of solitary figures or multiple figures who express a relationship with one another, each piece tells its story in the simplest means necessary.

His work is primarily in linoleum cut and lithography, and he is forever fascinated and mystified by the process of developing imagery through a series of steps on intermediary surfaces to finally arrive at the final piece, untouched directly by his hand.  When the print is pulled from the press it appears as a surprise, a revelation that transcends the artist’s own conscious efforts throughout the process of its creation.

Elan is inspired by traditional and folkloric art forms as well as by classical art and expressionism.  He studied Fine Art at UC Santa Cruz, and has been a member of the California Society of Printmakers since 2004.  He has traveled extensively in Latin America and Europe, and has worked in printmaking studios in Italy, Brazil, Mexico, Spain, and the Netherlands.  His work has been exhibited internationally and is held in private collections throughout the World, including the U.S. Library of Congress.

イラン・カメサーはサンフランシスコで生まれ、現在も居住し活動拠点を置いています。彼は作品の中で、心理状態を表す独特のポーズをとる人物を作り出しています。彼の描く構図は、孤独と親密さというテーマを思い起こさせ、描かれた人物が一人であれ、互いの関係性を示す複数であれ、それぞれの作品が最もシンプルな形でストーリーを語っています。

イランの作品には、主にリノリウムカットとリトグラフという版画技法が用いられています。媒介する版のうえに、たくさんの工程を経て作られたイメージから、最終的に紙の上に、彼が直接書き込むこと無く、作品が出来上がる、そのプロセスに、イランは不思議さを感じ、魅了され続けています。プレス機を通したあと、紙をめくるときは、いつも驚きに満ちています。アーティストの作品を作り上げるプロセスへの意識的な努力を、遥かに超えた何かが、そこに現れるからです。

イランは伝統的で民俗学的なアートはもとより、古典的、表現主義的アートからも影響を受けています。UC Santa Cruz(カリフォルニア州立大学サンタクルーズ校)で美術を学び、2004年からCalifornia Society of Printmakers(カリフォルニア版画家協会)会員。ラテンアメリカやヨーロッパを広範に旅し、イタリアやブラジル、メキシコ、スペイン、オランダの版画工房で制作した経験があります。国際的に展示をしており、米国議会図書館を含む、世界の各地で作品が収蔵されています。

Radio Africa & Kitchen was created by Chef Eskender Aseged. Originally from Ethiopia, Eskender arrived in San Francisco in the late 80's where he spent the next 20 years working in the Bay Area with such luminaire chefs as Jeremiah Tower, Joyce Goldstein, Nancy Oaks, Daniel Peterson and Daniel Humm. During this time, inspired by these great chefs, he began experimenting with different food preparations of his own.

In the Fall of 2004, Eskender started his first “pop up” restaurant right in his own home — serving meals to small groups of friends. Eventually these pop ups expanded to a variety of Bay Area cafés over the course of the next seven years.

Why "Radio Africa"?
The name comes from Eskender’s experience growing up in Ethiopia with very few outlets for popular music and sports. Only one household per neighborhood might have a radio and kids would gather and listen to soccer matches and music, sharing laughter, conversation and snacks.

When you dine with us, you will enjoy a seasonal, nutritionally well-balanced meal that always includes organic vegetables, greens, grains, nuts, wild fish, shellfish and fruit, accompanied by fine herbs and spices.

In 2012, Radio Africa opened its first restaurant in San Francisco’s Bayview District.

Radio Africa & Kitchen(ラジオアフリカ&キッチン)はシェフのエスカンダー・アセジェドによって創設されました。エチオピア出身のエスカンダーは80年代後半にサンフランシスコに移り住み、後の20年を、ジェレマイア・タワーやジョイス・ゴールドスタイン、ナンシー・オークス、ダニエル・ピーターソン、ダニエル・ハムなどのベイエリアの有名シェフのもとで働きました。素晴らしいシェフ達に影響され、彼も独自の調理法を研究しはじめました。

2004年秋、エスカンダーは最初の「ポップアップ」レストランを、少人数の友人グループに食事をサーブして、自宅で始めました。その後このポップアップは、7年の間に、ベイエリアの様々なカフェに拡大しました。

「ラジオアフリカ」とは?
この名前はエスカンダーの経験からきています。音楽やスポーツを楽しむ環境が少なかったエチオピアでは、近所に1軒あるかないかの割合で、ラジオを所有している家があり、子供たちはそこに集まり、サッカーの試合や音楽を聴き、笑いや会話やおやつを分かち合いました。

エスカンダーの料理は、有機栽培の野菜や穀物、果物、天然の魚介類などが高品質のハーブやスパイスで彩られ、旬で栄養価が高く、バランスの良い料理が楽しめます。

2012年、ラジオアフリカは、サンフランシスコのベイビュー地区に、最初のレストランをオープンしました。

CLICK TO SEE FULL SIZED IMAGE